1億円をどのように運用するか|専門家のアドバイスも受けてみよう

男の人と女の人

大金を持っているなら

男性

投資によって増える選択肢

世の中には1億円の資産を持つ人もいて、これからの運用をどうしようと考えている人もいます。一般的には貯蓄にまわすという選択肢もありますが、余裕があれば投資によって資金を増やすことも検討してみると良いかもしれません。限定的に1億円をもっていれば選択肢は数多く、株や債権、FXにソーシャルレンディングなど多くの運用方法があります。しかし、大金を使った投資にはリスクが少なからずあるため、ローリスクまたはひたすら安全な方法を探したいところです。FXや株といったものは常に相場が上下するので、知識や経験がないと難しいものがあります。損失を出す可能性が高いものはなるべく回避すべきですし、慣れないなら下手に手を出すべきでもないでしょう。債権やソーシャルレンディングといった方法はリスクが低く、特に元本が守られる債権は損失を大きく出すことがないので安心です。しかし、リスクが少ないものは基本的に利回りが低いため、大きな収益を上げたいという場合には向いていないかもしれません。もし1億円を持って年間利回りが数パーセントで良いというのであれば、債権を選択するのもひとつの手でしょう。他に考えられる資産運用法としては、マンションやアパート経営といった不動産を扱う方法です。こちらは債権と同様に、購入してしまえば物件は資産として残り、年間利回りも10%を超えることがあるので投資家たちの間でも人気があります。1億円の運用は慣れない人では想像もしにくく、扱いに困ることもありますが、投資をするつもりなら専門家に相談してみるのも良いでしょう。自分だけでは考えられないことも、プロの視点から条件の良いものを選んでくれるかもしれません。